ブログ戦線異状なし?(仮) ADMIN
--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2007.02.19
あぁ~・・・ アカン(´Д`;)
img029.jpg


前回投稿後、なんとな~く全巻ARIAを読み返したら、
不覚にもドップリはまり直してしまった・・・orz

・・・というわけで、今後暫くARIAネタでお送りする予定。。
ACFANよりお越しの皆様、ご了承あれ。。

さて、今回投稿は、ARIAより主人公、水無灯里・・・
・・・とその仲間達です(笑)

恐らくアリア社長はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
「左のデカいオッサン誰やねん!!」と言う方も多いかと思われます。
この方は、灯里がサン・マルコ広場の喫茶店「カフェ・フロリアン」で
まったりしていた時に出会った、「サン・マルコ広場の達人」さんです。
その正体は・・・ 詳しくは原作をご覧あれw

さてこのカフェ・フロリアンの回は、ARIAのエピソードの中でも
とりわけ好きなお話なのです。
まぁ内容は上の3人(2人と1匹?)がひたすらマッタリカフェラテ飲んでるだけなのですが(ぇ~
コーヒー好き&マッタリ大歓迎の僕としては、何とも羨ましいお話なのです^^;

ところでこの話の中で、「影追い」というシーンが何度か登場します。
カフェ・フロリアンではワインを提供している為、陽の光が当たって
味を損ねないよう、大鐘楼の影にあわせて机ごと移動するのだそうです。
アクアのカフェ・フロリアンでは復活しているこの「影追い」、残念ながら
現在、ヴェネツィアにある本家カフェ・フロリアンでは行われていないとのこと。
のんびりコーヒーを飲んでいる最中に、突然机ごと大移動させられては
ゆっくり出来ない、というお客の気持ちも解らないではありませんが、
なんと言うか、心のゆとりが無くなってきているのでは?
と少し淋しい思いがしたりもします。

難しい事かもしれませんが、私たちも常に心にゆとりを持って、
少々の事にカリカリしないで、マッタリ暮らして行きたいですね^^
スポンサーサイト
イラスト | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
2007.02.16
ARIA
img028.jpg



さて、今日は前回とはガラッと趣を変えて行こうかと思います。

表題の「ARIA」とは、僕が最近ドップリはまっている作品のタイトルです。
遥か未来、テラフォーミングにより水の星に生まれ変わった火星「AQUA」
そのAQUAで、かつて地球に実在した水上都市「ヴェネツィア」を
模倣して作られた街「ネオ・ヴェネツィア」を舞台に、
その星のシンボルとも言うべき職業「ウンディーネ」(ゴンドラ漕ぎ&観光ガイド)を志す少女が、同じ修行中の友人や先輩、街の住人達とふれあう事で、
喜んだり哀しんだり、時々衝突したりしながら成長してゆくという、
「未来系ヒーリングコミック」でございます。
(上手く説明できているだろうか。心配・・・(汗々))

この作品の魅力は、一瞬の表情変化を巧く切り出すコマ割り、
緻密に描かれたヴェネツィア(とは違うけど^^;)の美しい建造物
そして何より、主人公「水無灯里」の豊かな感受性だと思います。

日常の些細な出来事一つ一つに感動し、それを「はずかしいセリフ」として
惜しげもなく表現してくれる事で、読んでいる僕も何だかとても
共感し、あたたかい気持ちになれるのです。
灯里を取り巻く周りの人もとにかく優しくて純粋な人ばかりで、
ともすれば危険な電波娘(!!)になってしまいそうな灯里の破天荒な行動や言動を、
これまた素晴らしく豊かな感受性を以って包んでくれるのです。
こんな現実の世界では決して「有り得ない」程に純粋な人々の
感情の動き一つ一つが、心に染みてじわっと暖かくなる。
そんな「癒し系」なカンジがたまらなく愛おしい作品です。

さて、今回描いたのはそんな「ありえね~」人たち(失礼?)の中において、
割と現実的な思考回路を持つ少女、藍華ちゃんを落書いてみました。
藍華ちゃんは灯里のアクアでの始めての友達で、ウンディーネ業界大手「姫屋」の跡取り娘。
灯里が所構わず連発する「はずかしいセリフ」に過敏に反応してツッコミを入れる、という
とて~も重要なポジションに居る人です。
何故主役の灯里でないのか、と申しますと、理由は単純にして明快。

「ARIA」でイチバン好きなキャラクターだからです。。
 (因みに2位は僅差でアリス=キャロル(学生服)だっ!!)

普段はサバサバとオトコっぽいのに、イザと言う時に優柔不断だったりとか、
時折見せる女の子らしい仕草や心の動きが イイッッ!!!(オチツケ

まあ彼女の事については原作を読んでいただくとして、今回の落書きは
「ウンディーネ(ゴンドラ漕ぎ)の修行中」の風景を描きました。
有名店の娘である彼女も、技術はまだまだ半人前。
暗く狭く、複雑に入り組んだ水路を抜け、陽の当たる大運河に漕ぎ出す
その日まで、練習あるのみ!! ッてなカンジでしょうか。

・・・白黒なんで、日なたか日陰か解らないのが致命的orz

はやくペイント技術を身に付けて、素敵な色を届けてあげたいです
                (↑はずかしいセリフ禁止ッ!!)
イラスト | CM(5) | TB(1) | PAGETOP
2007.02.13
AC少女
僕はブログを開設する前は、「アーマード・コアファン」という
読者参加型コミュニティサイトを作品の発表の場として
利用させていただいてました。
もともとアーマード・コアというゲームが好きで、
ACのような機械の絵を描くことも嫌いではなかった為です。
・・・とか言いながらサイトの絵は女の子ばっかですが。。

今回も女の子の絵です。ハイ。。(多少、毛色は違いますが)

ところで僕は元々パソコンなど触った事すらあまりない、
世に云うところの「機械オンチ」な人類な訳でして、
絵はこれまでずっと大学ノートにシャーペンでカリカリと描いてました。
サイトに投稿する時は(最近はもっぱらアップロード画像ですが。。)
基本的にお絵描き掲示板を使わせていただいてますが、
アナログでさえさして立派な絵が描ける訳でもない人間が、
パソコン上で「さぁ描け!!」とばかりにペンタブ一本握らされても
巧く描ける自身なんてコレッポッチもありません。
ので、基本的に絵板での「本番」前に、下書き的な意味を兼ねて、
一度ノートに描きたいイラストをしっかり描き込んでいます。

それが、コチラ
img027.jpg



何故下書きの方を掲載したのかと言いますと、
絵板の狭~いスペースではどうしても下半身が描けないという
悲しい制約があったためです。
ACを知っている方なら分かるでしょうが、脚のディテールも
上半身のそれに勝るとも劣らない素晴らしいものが多いんです。
それが描けないと言うのはとても淋しい・・・

因みに、コッチが絵板に正式に投下した作品。。
394.png


膝下の装甲や髪の毛の先の大きなリボンなど、
やむ落ちしたパーツが結構沢山あるのがお分かり頂けるかと思います。
最近は絵板のスペースにあったポーズの取り方とかが
分かってきた為、何とか絵として成立してますが、
この頃は苦労してたなぁ~とか、しみじみ思います。。

ってか、本当にペインターとか写真屋さんとか、
しっかりしたペイントツール欲しいなぁ・・・(T-T
イラスト | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
2007.02.07
I♡R&R
img006.jpg

僕は絵を描くとき、大抵何かしら音楽を聴きながら描いています。
好きなジャンルはロック、最近はエルレばっかり聴いてます。
この絵もそんな環境で描きました。

「なんでエルレでガールズパンクやねん」と言う突っ込みはナシの方向で(汗々
イラスト | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
2007.02.07
新しい季節、新しい何かを始めよう!
 ・・・とか言いつつ、年明けてすっかり一月以上経過してるのですが。。

 この度、ブログを開設させて頂いたフレガータと言う者です。
このブログを通じて、小生の描いたイラストを中心に、日々の出来事などを紹介して行けたらいいなと思っとります。

 
 して、ブログ開設一発目と言う事で、さくっと描いてみました。


img003.jpg



 「ブログ開設おめでと~!!」


 ってなカンジでしょうか。

 う~ん・・・

 ・・・白ッ!!(ぇ~

 我ながら素晴らしく発展途上ではありますなぁ・・・ |||orz

 おいおいペイントソフトなどを駆使したイラストとか描けたらいいなぁ~ということで今回は平にご容赦をば。。


 まあこんなカンジでのんびりマッタリやって行きたく思いますので、
みなさま、どうか生暖かい目で見守ってやってくださいませ~m(_ _)m
イラスト | CM(5) | TB(0) | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。